MENU

審査に通りにくくなる行為

審査に通らず困っているという方もいるでしょう。審査に通らないのはそれなりの理由があり、ただ闇雲に申し込んでいては審査に通る確率を上げるどころか、低めてしまうこともあります。場合によっては、しばらくの間全く利用できない状況に陥ることもあるのです。カードローンの審査は申し込む会社によっては、かなり厳しい場合があります。審査に落ちやすくならないためにも、避けるべきNG行為を知っておきましょう。

 

入力ミスや書き間違いなどのミス

よくやってしまいがちなミスですが、契約を結ぼうとしているときの入力ミスあるいは誤字・脱字といった書き間違いは、大きなデメリットとなります。誤字や脱字があると、データをごまかそうとしていると考えられてしまいます。実際、収入、借入状況、勤務先などをごまかして自分をよく見せようとする方は少なくありません。そのため、故意であろうとなかろうと、虚偽の申告をしようとしていると見なされるため、信用が落ちて審査に通りにくくなります。送る前に提出する情報や書類にミスがないか何度もチェックしましょう。

 

借入状況に問題がある

借り入れが初めてではない場合は、現在の借入状況に注意しましょう。借入件数や借入金額が多いとそれだけ審査に通るのが難しくなります。銀行カードローンだと総量規制に引っかからないから問題ないのではないかと思われる方もいるでしょう。しかし、銀行も債務者の返済能力を念頭に置きながら融資を行ないます。借入金額の合計があまりに大きくなる場合は否決されるでしょう。また、借入件数は3つ以上になると審査の通過はほぼ不可能になります。そのため、借入件数は3つ以下にしなければなりません。

 

ブラックとホワイト

金融会社とトラブルを起こす−−返済や支払いの延滞、債務整理や過払い金(一部状況による)、短期間に複数社に申し込むといったことを行なっていると、個人信用情報機関にその情報が記録されます。これが事故情報やブラック情報と呼ばれるものです。ブラック情報は、それがあるだけで審査には通過できなくなります。そのため、できるだけこの状態にならないよう、細心の注意としっかりした返済プランが必要になります。

 

ホワイト状態というのは、ブラック情報もなければ借入履歴も一切ないまっさらな状態のことです。最初は誰しもがこの状態ですが、履歴ないため信用を測るうえで、少し不利になります。20代でこの状態であるのは大した問題ではありませんが、40代以上でこの状態だと不利になる可能性が上がっていきます。とはいえ、ブラック状態と違い、絶対に落とされるわけではないので、過度に神経質になる必要はありません。