MENU

うまく返済していくには

返済には、よく考えられた返済プランが必要です。それがないと、返済の仕方が定まらないばかりかモチーベションも下がってしまい、返済が長引いたり、延滞したりしてトラブルになりかねません。返済プランを考え、実際に返済していくうえでどのようなことに注意すればいいのかを調べましょう。

 

返済プランを立てるには

返済プランを立てるにはまず、収入と支出、借入金額、金利、利用期間について考える必要があります。まず、収入と支出を計算し、月々どれくらいの余裕があり、いくらを返済に充てられるかを割り出します。次に返済シミュレーションなどで、完済するまでにかかる期間、毎月の返済額を調べます。返済に充てられるお金で問題なく返済していけるようならそれをベースにし、あとは追加返済や繰り上げ返済などを行なうタイミングを臨機応変に設定すると良いでしょう。

 

実際に返済していくときのポイント

返済していくには、返済プランにしっかりと沿って支払いを行うことが重要です。ベースの返済がしっかりしていれば、期間と総返済額はともかくとして、いずれは完済できるからです。しかし、できれば素早く、そしてなるべく金額を抑えながら返済していきたいものです。ではどうすれば、うまく返済していけるのでしょうか?

 

余裕があるときに追加で返済を行なう

毎月の返済金額を増やせば、その分元金の減りが早くなるため、返済期間も短縮されます。期間が短くなれば発生する利息も減るので、総返済額も低く抑えることができます。しかし、この方法のデメリットは毎月の返済金額は大きくなってしまうことです。

 

余裕がないのに無理して毎月の返済額を大きくしたり、収入が減ったり、急な出費で多額のお金がなくなったりすると、対応が難しくなる恐れがあります。そこで利用するのが繰上げ返済や追加返済です。毎月の返済にプラスアルファを加えることで返済額を多くし、利用期間を短縮します。またこの方法だと、毎月必ず行なう必要はないため、負担が大きくなりません。

 

余ったお金は貯金へ?返済へ?

余裕があるときに追加返済を行なうのは非常に効果的です。しかし、余裕があれば全てを返済にまわすべきなのでしょうか?そうすれば、完済までの時間は大幅に短縮されることは間違いありません。

 

しかし、貯金がない状態は非常に危険です。状況の変化や急な出費があったときに、対応できなくなる可能性があるからです。手持ちのお金がないゆえに、カードローンに頼るのは間違いではありません。しかし、貯金があれば対応できた問題に、借りる必要のないお金を借りたくはないでしょう。余ったお金はどちらかに偏らせるのではなく、バランスよく振り分けると良いでしょう。